GlobalVoices in

サウジアラビア:「売春婦」と呼ばれた女性アスリートたち

ロンドン五輪2012特集記事の一部より。

サウジアラビアは、明日(7月27日)から開催される2012年ロンドンオリンピックに2名の女性選手を送り出す。ウォジダン・シャハルハニ(柔道)とサラ・アタル(陸上競技)は王国初の女性代表選手となるが、サウジ国内では保守的な宗教指導者が女性のスポーツ競技への参加を禁じている。

ツイッターでは彼女たちの五輪出場をめぐる話題で炎上しており、「オリンピックの売春婦」と称するハッシュタグもある。

サウジアラビアは当初2012年のロンドンでは女性を参加させないという表明をし、五輪への参加停止を迫られた

The two Saudi women taking part in the London Olympics

ロンドン五輪に参加する2名のサウジ女性。公式ページ www.london2012 からの写真

サウジ国旗のもとに女性が参加する条件は次のとおりである。男女混合競技で戦わないこと、そして、とりわけ地味な格好をすることである。

ツイッターでは、サウジのブロガーであるAhmed Al Omranが自国代表のアスリートをリストアップした上で、こう嫌みを言っている。

@Ahmed: ロンドン五輪で競うサウジのアスリートのリストだ。興味深いことに、サラ・アタルはヘジャブを着用していない。http://www.london2012.com/athletes/country=saudi-arabia/index.html……

自身のブログで、Al Omranは更にこう 説明する

聖職者たちをなだめるために、サウジのスポーツ省最高幹部 Nawaf bin Faisal王子は、女性の五輪参加のためのルールを発表した。彼は、選手が参加できるのは「法典に従った適切な服装を身にまとい」「選手の保護者が彼女の出場を許可し、同行する」ときに限る、と地元紙のアルジャジーラに説明している。また、「競技開催中に男性と交際することもあってはならない」と付け加えている。

ツイッターでは、Sultan Al Hilaiというサウジのツイッターユーザが「オリンピックの売春婦」という意味のハッシュタグ #عاهرات_الاولمبيادを広めた。そこには競技に参加するサウジの選手たちの事が書かれているようだ。ハッシュタグには多くの怒りのコメントと、少数の支持派意見がよせられた。

Aijoharaはこう答えている。

#عاهرات_الاولمبياد‬‏ تذكرونني بأوربا العصور المظلمة, تشتمون هذا و تقذفون تلك باسم الدين. الدين براء منكم.
@SkittlesFairy: あなたを見ていると暗黒時代のヨーロッパを思い出す。宗教の名のもとで人を侮辱し、中傷している。この宗教はあなたには関係ないことだ。
Screenshot of the tweet which called Saudi female athletes prostitutes

サウジの女性選手を売春婦と呼んだツイートのスクリーンショット

Rasha Al Dowasiはこう付け加えている。

المسلمات من شتى الدول الاسلامية يشاركن في الاولمبياد منذ سنين..لكن لا تكون الرياضة عهر إلا اذا مارستها سعودية؟ ‎‫#عاهرات_الاولمبياد‬‏
@Rsha_D: イスラム教国からイスラム教の選手たちがこれまでに何年も五輪に参加してきている。競技はサウジの女性が行うときにのみ売春行為になる。

多くのネットユーザがこのハッシュタグを利用しているツイッターユーザを起訴することを求めている。競技に参加する女性を売春婦と呼んでいるツイートのスクリーンショットが、ネット上で出回っている。このハッシュタグの人物を名指しし、恥をかかせるためである。

サウジのブロガー、Eman AL Najfan はサウジ女性と五輪について、自身の考えをここここで発信している。この二つの記事は、ガーディアン紙にも掲載されている。

五輪に初めて女性の選手を送り込む他の国は、隣国のカタールとブルネイだ。

ロンドン五輪2012特集記事の一部より。

校正:Yukari Sugimoto

世界の地域

言語