See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

絶体絶命のシリアの世界遺産を救え

この記事は、シリア騒乱2011/12 特集の一部です。

死者数の増加に伴って、シリアの世界遺産に対しても大量破壊が行われている。このことはマスコミでもソーシャルメディアでも、ほとんど採り上げられていない。

例えば、シリアでは6つの遺跡がユネスコ世界遺産に登録されていることをご存じだろうか?古都アレッポ、古代都市ボスラ、古都ダマスクス、シリア北部の古代村落群、クラック・デ・
シュヴァリエとカル・エッサラー・エル・ディン 、パルミラの遺跡、その他に12の遺跡が
暫定リストに載っている 。 

2012年3月30日より、ユネスコはシリアの歴史的建造物を救おうと声を上げ続けてきた。
ユネスコ事務局長イリーナ・ボコバは言う。 

その国の遺産を傷つけることは、すなわち国民の魂やアイデンティティを傷つけることに
他なりません。

特にアレッポの街は、反体制派と政権軍の間で十字砲火を浴びてきた。国連の専門機関(ユネスコ)とその下にある
世界遺産委員会は、このためやっきになって警鐘を鳴らしている。 

破壊され、 略奪され 、密売買される…これが、数千年を経た至宝を待つ運命である。

シリアの歴史が狙われた 被害 を記録するため、Facebook ページと YouTube のアカウントが創設された。『The Syrian archaeological heritage under threat (脅かされるシリアの考古学的遺産) 』というタイトルのそれは
アラビア語、フランス語、英語、スペイン語で情報を載せている

ページの背後にいるのが実際はどういう人物か、情報は何も記されていない。しかし、シリア人の、またはかつてこの国で働いていて国外追放された考古学者たちのグループと考えられる。

記事の一つに、次のような嘆願が記されている 。

精一杯心からの平和への願いを届けること以外には、彼らをこの状況から助け出すために
私たちができることは、そう多くはありません。
しかし、何かしらできることは存在します。シリアの人々が、自分たちの文化遺産がどのように
危険にさらされ、どのように重大な被害を受けたかを証言しています。彼らの文化的共有財産は、その一部を劇的に失ったかもしれません。
ここで、この遺産を保護する取り組みに貢献するために、私たちに何ができるかです。私たちは皆、考古資料を発掘調査跡から地元の博物館へ送るか、作業小屋に置いたままにしてきました。国内のかなりの部分が不安定な情勢にあるため、これら考古資料の多くが失われる可能性が
あります。
そこで、 親愛なる同僚たちよ、万一考古資料が失われても、痕跡をたどるのに役立つ
ように、アーカイブ、目録やカタログを準備しておきましょう。やがて時がきたら、紛争前に
発掘された考古資料の状況の概略をつかむのに、この行動が役に立つでしょう。

 

例えばここに、ホムスのBab Al Dreib歴史地区の破壊の一例がある。(訳注:Babは城門の意)

ホムス市街にある、破壊されたBab Al Dreib歴史地区

これはホムスのBab al Turkman である。

ホムスにある別の破壊された歴史地区

そしてこれが、有名なアレッポ城の破壊前破壊後である。

かつてとても有名だったアレッポ城

瓦礫の山、これがかの有名なアレッポ城のなれの果てである

ミーダーンの古代市場もまた被害を受けた。

ダマスクスのミーダーン地区にある古代市場は、このようになった

YouTube上に、歴史遺跡の損傷の範囲を示す動画がかなりある。ここに一例を挙げる。

これはTell Bysseにある、爆撃を受けたアブー・ウバイダのモスクである。

アレッポの旧市街の状態

砲弾を受けたセイドナヤの修道院

爆撃されているアパメア城のアクロポリス(カラート・アル=ムディク)

シリアの文化遺産を救う為の請願書への署名は、Avaazのサイト上でもできる。

注記:写真はすべて『The Syrian archaeological heritage under threat(脅かされるシリアの考古学的遺産)』のFacebookページまたはYouTubeからの転載です。

この記事は、シリア騒乱2011/12 特集の一部です。

校正:Mamiko Tanaka