GlobalVoices in

マラガシ語

言語カテゴリアーカイブ · 7 件


Below are posts about citizen media in Malagasy. Don't miss Global Voices teny Malagasy, where Global Voices posts are translated into Malagasy! Read about our Lingua project to learn more about how Global Voices content is being translated into other languages.

最近の記事: マラガシ語

2014/04/06

この記事を読む。

世界中のフランス語圏からおすすめの伝統料理5種

肉や魚をメインに野菜やドライフルーツを入れたモロッコ風の「タジン鍋」を食べてみたくありませんか? それとも、キャッサバの葉と玉ねぎ、豚肉を煮込んだマダガスカル風「ラビトト」はいかがですか?

2013/10/19

この記事を読む。

サブ・サハラ・アフリカにおける科学関連ブログの実情

ブログはサブ・サハラ・アフリカの日常生活の中で不可欠のものとなった。しかし、同地域における科学分野のブログは今も後れを取っている。アフリカ科学界の情報共有化の風土を醸成しようと、さまざまな取組が行われてきたものの、今もって科学分野に関するブログは極めて少ない。特に研究分野においてその傾向は顕著である。

2011/10/13

この記事を読む。

アフリカの森林保護:ワンガリ・マータイ女史の遺産

高名なケニア出身の環境保護活動家/政治活動家で、2004年のノーベル賞受賞者であるワンガリ・マータイ女史が2011年9月25日に亡くなった。彼女はアフリカ人女性で初のノーベル賞受賞者であり、アフリカ大陸での持続可能な行動を通した環境保護活動のリーダーとして世界的に知られている。

2009/01/10

この記事を読む。

マダガスカル: 韓国企業による土地契約、議論呼ぶ

11月19日、フィナンシャル・タイムズ紙は、韓国企業の大宇(Daewoo/デウ)ロジスティックスが、マダガスカルの全耕地の半分にあたる土地のリース契約をマダガスカル政府と結んだことを伝えた。それを受けてマラガシ語(マダガスカルの言語)のブロゴスフィアでは、土地の支配権や経済開発についてかなりの議論を巻き起こっている。

2008/07/17

この記事を読む。

マダガスカル:土地をめぐって農民が死刑に

マダガスカルで農民21人が土地所有権をめぐる論争に端を発した集団暴動に問われた。ミアリナリボ国家裁判所で下された判決は多岐にわたる。。過去数十年、自分たちの土地だと信じてきた土地が収用されるのを防ごうと、彼ら農民は、その土地から農民を追い出すべくやってきた警察と衝突したのだった。この小競り合いの結果、警官2人、地元の女性1人が死亡した。

2008/02/20

マダガスカル:人工中絶と女性の権利

バレンタイン・デーに行なわれ物議を醸した『ヴァギナ・モノローグス』の上演や、人権委員会からのマダガスカルの人工中絶禁止の見直し要請を受け、マラガシ語のブロゴスフィアではジェンダー関連の話題で盛り上がっている。

世界の地域

言語