GlobalVoices in

教育

トピックアーカイブ · 90 件


最近の記事: 教育

2014/04/14

この記事を読む。

シリアを分断するベルリンの壁

Syrian Students for a better futureはシリア人の奨学金を受けた学生たちによるブログである。このブログでは彼らの郷愁、希望、疑念、苦悩、前向きさ、そして母国の明るい未来を思う気持ちが綴られている。

2014/04/12

この記事を読む。

最大のシリア難民キャンプ:「ザアタリ」の小さなアーティストたち

シリアとヨルダンの国境にある難民キャンプ「ザアタリ」で、シリア難民の子供たちが絵画の才能を開花させている。子供たちの作品を世界に紹介し、作品展を開催することで、子供たちが学校へ戻れるように支援を得ようという活動を紹介。

2013/12/09

この記事を読む。

少子化で消えゆく里山の小学校

全校生徒9名。地域住民とも名前で呼び合い、彼らの助けで学校で野菜を作る。自分たちで丁寧に袋に詰め、朝市で売る。小さな学校ならではの教育をしてきた、ある過疎地の公立小学校が、保護者らの存続活動もむなしく、今年度を最後に廃校になる。

2013/09/23

この記事を読む。

「はだしのゲン」書架に残る

被爆した少年ゲンの成長を描いたマンガが、松江市内の小中学校の図書館で閲覧が制限された問題をきっかけに、原爆投下から68年目のこの夏、熱い注目を浴びることになった。

2013/08/29

この記事を読む。

スペイン:奨学金を豊胸手術に流用?

女子学生が奨学金を豊胸手術に流用しているとして、非難する記事がスペインのブログに載った。この記事は、ソーシャルネットワーカーたちを憤激させるもととなった。彼らソーシャルネットワーカーたちは、ブログ、コメント、および数えきれないほどのツイートの中で彼らの怒りを表明した

2013/07/26

この記事を読む。

ネチズンが共有する、それぞれの育児

「#途中から育児の話になるポエム」というハッシュタグがネチズンの注目を集めている。そのハッシュタグとともに、育児にまつわる日常的な風景が、それぞれの語り口でつぶやかれ、シェアされ、共感を呼んでいるのだ。早速チェックしてみよう。

2013/06/16

この記事を読む。

ドミニカ共和国:カトリック教会がNGO団体の性教育キャンペーンに反発

カトリック教会は ドミニカの家族福祉団体 Profamilia [es] が行っている「性と生殖に関する権利は人権である」という広告キャンペーンの取り止めを申し立てる訴えを起こした。

2013/05/23

この記事を読む。

アルゼンチン:パタゴニアよりウェールズ語でブログ投稿

2015年、パタゴニアにウェールズの植民地が築かれて150年になる。今日では、アルゼンチンに住むウェールズ出身の人々とその子孫たちが、ブログやソーシャルネットワークを通して自分たちの文化や言語を生かし続けている。

2013/03/24

この記事を読む。

ベネズエラ先住民大学を見てみよう

ライジング・ヴォイセズ

ベネズエラ先住民大学(IUV)の学生はどんな生活をしているのだろうか[es]?先日、(同大学の)教育・ コミュニケーション学部生3名がRising Voiceが開催したワークショップに参加した。そして、デジタル写真を上手に撮り、インターネット上にアップロードし、シェアする方法を学んだ。

2013/01/26

この記事を読む。

どこへ向かう、低空飛行日本

経済的、社会的な不安要素が山積し、更に高齢化が進む2013年の日本。先行き不透明感が徐々に希望を持つ体力を奪っていく。ブロガーDr. Keiは、漂う閉塞感に風穴を開ける手掛かりとして、誰もが持てる「ある感覚」を提案する。

世界の地域

言語