GlobalVoices in

選挙

トピックアーカイブ · 51 件


最近の記事: 選挙

2013/10/16

この記事を読む。

2013年カンボジア国民議会議員選挙の女性候補者マップ

マップ機能で知るカンボジア国民議会議員選挙の女性候補者。未だ各政党の本命候補にはなれず。

2013/08/26

この記事を読む。

韓国:大統領選挙の介入疑惑、迷宮入り

大統領選挙に国情院が不当に介入した疑惑が持たれている。特別調査によって国民の怒りが鎮められることはなく、むしろ、インターネット上で野党を中傷する内容を投稿した国情院に対し、不信が募るばかりである。

2013/07/25

この記事を読む。

選挙の見出し「華人はさらに何を望むのか」にマレーシア人激怒

マレーシアのナジブ・ラザク首相は、先の総選挙にて華人の多くが野党に投票したことを「華人の津波」と呼び、それを非難した。また与党系の新聞はapa lagi Cina mahu?(華人はさらに何を望むのか?)という見出しを掲載した。これらについてマレーシアの人々から反発が起こっている。

2013/05/27

この記事を読む。

マレーシア総選挙で変化が起きるか?

マレーシアのナジブ・ラザク首相は、第十三回目の総選挙を行うため議会を解散した。過去半世紀にわたり政権を握ってきた与党が選挙に勝つのか?それとも国民は変化の一票を投じるのか?

2012/12/01

この記事を読む。

ウクライナ:テクノロジーで選挙が変わる!

透明なネットワークのための技術

与党が行政的立場を利用した選挙活動を行っているという疑惑が強まっている中、ウクライナ政府は10月28日の選挙を、自由で公正なものにすると約束した。一方、地域の選挙監視グループは、新しいテクノロジーを導入して、選挙の透明性を確かなものにするとともに、政府の約束が口先だけのものではないかどうか監視を行っている。

2012/11/09

この記事を読む。

ロシア:立ち上がる作家たち

RuNet Echo

現在(2012年10月時)9人の作家がロシアの反体制派運動、CC選挙に出馬を表明していて、さらにもう1人が出馬を強く考えている。 しかしこの運動は作家だけが作り出しているのではない、ただ作家という職業の者が多くを占めているだけで大勢の人々が参与している。

2012/07/21

この記事を読む。

メキシコ:学生運動が大統領選挙の不正を指摘

大統領選挙から数日が経ち、#YoSoy132学生運動の参加者や支持者たちが、ソーシャルネットワーク上で選挙の暫定結果について不満の声をあげている。また、選挙に不正があったとして、再集計を求めるデモをしている。

2012/06/19

この記事を読む。

メキシコ:#YoSoy132、「メキシコの春」の始まりか?

5月11日金曜日、制度的革命党(PRI)の大統領候補、Enrique Peña Nieto氏がイベロアメリカ大学の学生との公開討論会に出席した。討論会は、学生が大統領候補をたびたび非難するという特異なものであった。この訪問に関するメディア報道は、爆発的なエネルギーとなり、まずソーシャル・メディアで放出され、今ではメキシコ主要都市の道々に溢れ出ている。

2012/06/17

この記事を読む。

アメリカ合衆国: 共和党大統領予備選における失言争い

リック・サントラム氏とミット・ロムニー氏は今年11月の大統領本選でバラック・オバマ氏に対抗する共和党代表の座を争っている。しかし両陣営は代表の座のみならず、演説やインタビューでどちらがより多くの失言や認識間違いを犯すのかも争っているようだ。サントラム氏は最近のプエルトリコ訪問時に、プエルトリコが合衆国51番目の州になるには主要言語を英語とすることが必要だと発言した。

2012/04/13

この記事を読む。

ベネズエラ:ささやかれ続けるチャベス大統領の健康状態

ベネズエラでは、信憑性のある情報よりも噂のほうがはるかに多く世間に流布している。とりわけ大統領にまつわる噂は絶えない。数ヶ月前に大統領が癌と診断されてからは、様々な見解や憶測が飛び交っている。

世界の地域

言語