GlobalVoices in

同性愛者の権利 (LGBT)

トピックアーカイブ · 40 件


最近の記事: 同性愛者の権利 (LGBT)

2014/02/13

この記事を読む。

東京:オリンピック開催が落とす影

スノーボードハーフパイプでの平野歩夢選手や平岡卓選手らの活躍で、オリンピックに湧き上がっている日本国内だが、その裏でひっそりと異を唱えている一部の市民たちがいる。

2013/11/30

この記事を読む。

バングラデシュのヒジュラが第三の性として公式に認められる

ドイツでは出生届に第三の性の選択肢ができるという発表があったが、それから日をおかず、バングラデシュでもある決定がされた。

2013/10/07

この記事を読む。

マレーシア:政界で初のトランスジェンダー

トランスジェンダーとして初めて政界での職についたHazreen Shaik Daud。ネット市民の反応は二つに分かれた。

2013/09/14

この記事を読む。

モンテネグロ初のゲイプライドパレード、反ゲイ活動家たちにより混乱

モンテネグロの警察によると、約500人の人々が、ある歴史的なイベントを阻止するために現地集合したという。

2013/08/05

この記事を読む。

シンガポール初 同性愛者であることを公表した政治家 Vincent Wijeysingha

Wijeysinghaはフェイスブック上で次のように投稿した。 「私は明日ピンクドット(訳注:性的マイノリティの家族、友人、コミュニティを支援するイベント)に参加する。そう、私は同性愛者なのだ」

2013/07/26

この記事を読む。

ロシア議会、同性愛プロパガンダ禁止法を可決?

RuNet Echo

ロシア議会による、少々過度とも言える子供たちへの保護活動はまだまだ続く。昨年はロシア下院議員たちはロシアの青少年を児童ポルノや薬物使用、自殺を誘発するようなウェブサイトから護るべく、ブラックリストを作るなど躍起になって活動した。また最近ではアメリカの家族に養子にされた後、アメリカ人の養親からロシア孤児への虐待に終止符を打つための法律(訳注:アメリカへの養子縁組禁止法)を可決した。 さて、議員たちが照準を合わせた次なる悪の脅威、それは『同性愛プロパガンダ』である。

2013/05/19

この記事を読む。

韓国、差別禁止法に保守派が抵抗

宗教、政治的イデオロギー、性的指向による差別を禁止した差別禁止法案の提出を受け、韓国の保守派団体が激しい抵抗運動を展開している。

2012/10/06

この記事を読む。

マレーシア:子育てガイドライン−同性愛者を見抜くには

マレーシアのペナンで、ある子育てセミナーが、我が子の同性愛徴候を見抜く方法というガイドラインを発行して、物議をかもしている。 そのガイドラインは教育省の認可済みだという。 それによると、ゲイの男性はよくVネックで袖無しの服を着るらしい。

2012/10/02

この記事を読む。

香港:レディー・ガガ、「若者の堕落を助長」と非難される

アメリカのシンガー・ソングライターである レディー・ガガ が、現在(2012年5月2日) 「ボーン・ディス・ウェイ・ボール」ツアーでアジアを周っている。香港では初となるレディー・ガガのコンサートを翌日に控え、キリスト教福音主義者の団体が彼女の香港での活動への反対運動を起こし、現地コミュニティー内では、彼女の影響力を称える者、逆に彼女の存在が青少年悪影響を与えるとし、若者のために祈ろうとする動きがあるなど、議論を呼んでいる。

2012/01/30

この記事を読む。

エジプト:同性愛者、1月1日にタハリール広場の占拠を計画

集結したエジプト人の同性愛者たち。社会での、自分たちの権利を要求するため、1月1日にタハリール広場でデモ運動を行うことを計画し、同性愛者の権利を訴えるFacebookグループページ上で発表した。Mona Kareemが、ネチズンの反応をまとめた。

世界の地域

言語