See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 人道支援

2015/01/05

震災の教訓を生かしたい 被災者の経験談を英語で世界へ

2011年3月に起きた恐ろしい東日本大震災の認知度を高め、世界中の人々が将来起こるかもしれないこのような事態により良く備えられるよう、東北地方の大手新聞社である河北新報社が、ハーバード大学と提携して特集記事を英訳・公開している。

リベリアから韓国まで 広がるエボラへの無知と混乱

「エボラウイルスのため」韓国のパブではアフリカ人お断り。ナイジェリア人の億万長者の伝道師は、特別な水で患者を治療しようと言っている。

2014/09/23

がれきに生き埋めになったシリアの幼児、奇跡の救出の瞬間

「たる爆弾」の攻撃で、幼いジーナの家は破壊され、母親は死んだ。ジーナはがれきの下に完全に埋もれていたけれど、無事に生還した。

2014/09/16

ブータンで地域活動:靴のリサイクルでみんなに笑顔を。

あるブータン出身の起業家が、使い古された靴をクリーニング後リサイクルし、自分に合った靴を買えない人々に配るという活動を始めた。この活動によって、現在までに国の全人口の約1%の人々の手に靴が渡った。

2014/08/29

西アフリカでのエボラ大流行、今知っておくべき事とは

西アフリカにおける史上最悪のエボラ大流行、様々な情報が飛び交う中、今私たちが知っておくべき事とは何か。4つの画像を用いて説明している。

2014/07/31

お年寄りとハグしよう:世代間ギャップを埋めるインドでの試み

ハグ・キャンペーンという活動が、若者と高齢者の世代間ギャップを埋めるのに功を奏している。インドで高齢者の孤立化が進むのを食い止めようという試みである。

2014/07/27

毎年44,000人ものマダガスカルの子供たちが十分な養育を受けられずに亡くなっている。これを止める手立てはあるのか?

マダガスカルの子供の保健衛生は、悲惨な状況である。しかし、団体・組織の中には、この恐ろしい現実を変えようと最善を尽くしているものもある。

2014/07/18

追悼:仏報道写真家カミーユ・ルパージュ

5月、中央アフリカ共和国で紛争の取材をしていたカミーユ・ルパージュさんが殺害された。彼女はジャーナリストとして、欧米メディアに無視されがちなアフリカの問題を取材しようと決意していた。

2014/07/14

学生がフェイスブックに自殺予告を投稿、友人たちは彼を救えず。

バングラデシュの学生が自殺予告をフェイスブックに投稿。友人たちは彼を救おうとしたが、救えなかった。 この一件が私たちに示唆するものは何か。