See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 ユーモア

2014/07/15

イラストと英語で学ぶベネズエラ人特有の言い回し

イラストレーターのデイジー・パットン氏はカラフルでユーモアにあふれたベネズエラ人特有の言い回しをイラストと英語で解説している。 ベネズエラは俗語を通じて他の文化を理解しようとする率直な文化観を持っている。

2014/06/29

エイプリルフールとエチオピア国営テレビ

「4月1日に『今日はETV(エチオピア国営テレビ)の日だな』と言ったら、ETVはこう答えたよ、『1年のうちで今日だけは、ウソ放送がうちの専売特許じゃないんだ』」エチオピア人ブロガーたちが、国営放送のデタラメぶりをネタにしたジョークの数々を紹介。 この記事の著者たちGVエチオピア(アムハラ語)翻訳チームのメンバーは、ブログ活動を理由に4月末に逮捕され、現在も拘留されている。

2014/03/31

クリミア新検事総長、日本とロシアで「かわいすぎる」キャラクター化

RuNet Echo

ロシアと日本のインターネット民の心をつかんだナターリア・ポクロンスカヤの素晴らしいファンアートコレクション。彼女はクリミアの分離政府から任命された新しい検事総長だ。

2014/02/17

マンデラ氏追悼式、手話通訳者が偽物!?

マンデラ元大統領の追悼式で手話通訳をしたタマサンカ・ジャンティ氏。なんと、その手話はデタラメだった。彼の名は「インチキ手話通訳」として世界中に知れ渡っている。

2014/02/16

「中国紙ニューヨーク・タイムズ」? 中国富豪、陳光標氏の夢へようこそ

中国の実業家、陳光標氏が米紙ニューヨーク・タイムズ買収に意欲を示している。「アメリカの自由への信念なくしてニューヨーク・タイムズたりうるのか?」

2013/12/17

パレスチナより愛のつぶやき集

紛争地域に暮らしているからといって、毎日泣いてばかりいるわけじゃない。ジョークを飛ばして笑うことだってある。パレスチナから皮肉たっぷりの#PalestinianPickUpLines(パレスチナの口説き文句)をどうぞ。

2013/11/18

サウジアラビアで新たに禁じられたのは…火星旅行

サウジアラビアの宗教学者がアル・ハヤト紙に語ったところによると、火星へ行くことは人類にとって禁止事項に該当するそうだ。それを受けた市民の反応は―

2013/11/03

プーチン大統領再婚の噂が飛び交う

RuNet Echo

プーチンと元新体操選手アリーナ・カバエワは恋愛関係にあるという噂が、長い間ささやかれている。この噂が再燃し、ついに結婚式を挙げたのではないかと疑われている。