GlobalVoices in

先住民

トピックアーカイブ · 44 件


最近の記事: 先住民

2014/04/23

この記事を読む。

ブラジル:パイタル・スルイ族が先住民教育センターを開設

ブラジル・アマゾンの先住民パイタル・スルイ族が設立した教育センターがついに開校。先住民向け専門講座の提供からスタートし、国内初のブラジルパイタル・スルイ先住民大学地区をめざす。

2014/02/13

この記事を読む。

東京:オリンピック開催が落とす影

スノーボードハーフパイプでの平野歩夢選手や平岡卓選手らの活躍で、オリンピックに湧き上がっている日本国内だが、その裏でひっそりと異を唱えている一部の市民たちがいる。

2013/03/24

この記事を読む。

ベネズエラ先住民大学を見てみよう

ライジング・ヴォイセズ

ベネズエラ先住民大学(IUV)の学生はどんな生活をしているのだろうか[es]?先日、(同大学の)教育・ コミュニケーション学部生3名がRising Voiceが開催したワークショップに参加した。そして、デジタル写真を上手に撮り、インターネット上にアップロードし、シェアする方法を学んだ。

2013/02/27

この記事を読む。

メキシコ:連邦裁判所 物議を醸している風力発電に中止命令 

第七地区連邦地方裁判所が、オアハカ州南部で物議を醸しているサンディオニシオ・デル・マルの風力発電所の建設を一時的に中止すべきとする差し止め命令(amparo)を発したことにより、メキシコ、オアハカ州テワンテペク地峡における風力発電基地に対する地元民の大規模な反対運動は、2012年12月7日大勝利を収めた。先住民族であるワベの人々は裁判所の判決に感嘆の声をあげ、政府と企業に判決に従うよう要求し、なおも草の根の闘争を続けている。

2013/02/05

この記事を読む。

エクアドル: 先住民ドキュメンタリー「ジャガーの子どもたち」ナショナル・ジオグラフィック映画賞受賞

「ジャガーの子どもたち」は、エクアドルのアマゾン密林にて石油を採掘しようとする多国籍企業によって引き起こされる被害と、土地を守ろうとする住民の苦難を鮮やかに描き出したドキュメンタリーだ。

2013/01/06

この記事を読む。

ホンジュラス:チャーターシティがガリフナ族コミュニティを脅かす

ホンジュラス政府は、先日、ホンジュラスでチャーターシティを実現するための協定に署名した。この計画が実現すれば、多くのガリフナ族が住みかを追われる可能性がある。地元民の反対運動や暗殺事件などにまで発展し、議論の的になっている。

2012/11/23

この記事を読む。

キルギスタン:後を絶たない花嫁誘拐に厳罰を

キルギスタンでも、花嫁誘拐は犯罪だ。にもかかわらず、結婚したい少女を誘拐する男性が後を絶たない。女性支援グループのプレッシャーの中、キルギス国会はこの慣習により厳しい罰を課した。少女を誘拐し強制的に婚姻を強いることは、ようやく羊を盗むのとほとんど同じレベルの犯罪と認められた。

2012/06/11

この記事を読む。

フランス:地域の言語を守れ

先日決着がついたフランス大統領選挙の前、フランスの複数の主要都市において地域固有の言語への支援表明を目的としたデモが行われていた。 Rayna St. がリポートする。

2012/05/30

この記事を読む。

ノルウェー主催、先住民報道に贈る初のジャーナリズム賞

権威あるノーベル平和賞の授賞式が、ノルウェーで開催されていることは広く知られている。今月(2012年3月)29日、スカンジナビアのその国で、もう一つの注目すべき、しかしほとんど知名度のない、世界先住民テレビ局ネットワーク (WITBN) のためのジャーナリズム賞の授賞式が初開催される。

2012/02/14

この記事を読む。

オンラインハイライト:2011年 ポルトガル語圏の国々より

2011年、ポルトガル語圏の多くの国々でブロガーや活動家が連携、情報を翻訳し、世界中のブログや市民メディアを通じて発表した。本記事では、昨年、グローバルボイスで取り上げたポルトガル語圏の記事から、ハイライトをピックアップする。

世界の地域

言語