GlobalVoices in

文学

トピックアーカイブ · 15 件


最近の記事: 文学

2014/01/19

この記事を読む。

ダッカの美しい青空、瞬く間にウェブの世界を魅了

バングラディシュの首都ダッカ上空の秋空。11月17日、そのあまりの美しさにソーシャルメディアは秋空の画像と話題で溢れかえった。

2012/12/26

この記事を読む。

生命さえリアルにあらず~心をよぎる、あの歌~

「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし 身捨つるほどの祖国はありや」。半世紀以上前に寺山修司により作られた有名な和歌を焼き直す形で、ブロガーが書き下ろした一片の詩をご紹介する。詩の中では現在の日本にはびこる「空虚な言葉」が羅列されている。

2012/11/11

この記事を読む。

ノーベル文学賞の行方に、固唾を飲む中国

今年は、中国人作家の莫言氏と日本人作家の村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞する有力な候補者とみられている。中国が受賞する見込み、という興奮が高まっているが、莫言氏があえて文学の検閲に異議を唱えないことを遺憾に思う者もいる。

2012/10/25

この記事を読む。

莫言氏のノーベル文学賞受賞は、日中関係修復へのシグナル

日本政府の尖閣諸島国有化に不協和音を発する日本と中国。政府間での調整が進まないなか、民間では事態打破へ向けて模索するさまが目立つ。 ブロガー陽光堂主人は、日中両国の民間で育まれつつある対話の芽に期待を寄せる。

2012/09/11

この記事を読む。

ブラジル:自転車、ホームレスへ本を運ぶ

サンパウロの街中に、Biciclotecaと呼ばれる自転車が小さな図書館を運んでいる。ホームレスの人々が、読書の機会を持てるように。

2012/07/04

この記事を読む。

ロシア:今日に受け継がれる、トルストイ「戦争と平和」

RuNet Echo

RuNet Echoは、帝政ロシアがナポレオンに勝利してから200周年を迎えたことを記念して、シリーズの考察を続けている。今回はレフ・トルストイの小説「戦争と平和」と今日同小説が果たす役割についてオンライン上で考察した。また、今日ではオンライン上でその役目が果たされている。Runet上では、現在「戦争と平和」とトルストイの文学スタイルについての議論が日常的に行われており、言語的かつ社会的な様々な問題を扱っている。

2011/09/08

この記事を読む。

ポーランド:その読書事情

数週間前、ポーランド最大の日刊紙、Gazeta Wyporczaが、ポーランドの読書人口の割合が非常に低いことを受けて、新しいキャンペーン「Reading in Poland – ポーランド読書週間」を始めた。ポーランド国立図書館が発行したレポートによれば、ポーランド人の56%が本を全く読まず、3ページ以上長い文章を読むこともできないという。これにより、ポーランドにおける読書文化とその危機に直面する理由について激しい議論が巻き起こった。

2011/06/09

この記事を読む。

マレーシア:「攻撃的な」小説が物議を醸す

近頃マレーシアで、中等教育の国語の教科書に載ったある小説を巡って論争が起こっている。批評家はカースト制を論ずるこの本に人種差別的な描写があると主張している。マレーシアのインド人コミュニティは学校のシラバスからこの本を削除せよと要求している。

2011/05/19

この記事を読む。

日本:生きる意味を模索する

詩人の谷川俊太郎による、人生の意味を探る有名な詩「生きる」が、今何をするべきか模索する多くの日本人のブログに投稿されている。

2009/03/30

この記事を読む。

グローバル・ボイス・ブック・チャレンジ:世界を読覇!

4月23日はユネスコ「世界本の日」。グローバル・ボイスのメンバーはブログが好きだからといっても、他の形態で書かれた文章を忘れてしまったわけではありません!読書は他の文化を楽しく知ることができる良い方法です。そこで、すべてのグロバール・ボイス投稿者と読者、そしてブロガーのために、楽しいチャレンジを用意しました。

世界の地域

言語