GlobalVoices in

政治

トピックアーカイブ · 381 件


最近の記事: 政治

2014/04/11

この記事を読む。

東ティモール:オーストラリアと石油紛争

太平洋に浮かぶ小国の東ティモールは、隣の大国オーストラリアを資源スパイ容疑でハーグの国際司法裁判所に訴えた。

2014/04/06

この記事を読む。

インド:次期首相候補、ナレンドラ・モディの人気が急上昇―過去の実績には異論も

インドの次期首相筆頭候補と目されるグジャラート州首相ナレンドラ・モディだが、2002年に同州で起こったヒンズー・イスラム教間の宗教暴動での役割をめぐっては評価が分かれている。

2014/03/20

この記事を読む。

トリニダード・トバゴ:首都を人質にとり続ける埋め立てガス

トリニダード・ドバゴの首都 ポートオブスペインは四日間ものあいだ、埋め立てガスに濃く包まれていた。ツイッター上では住民が文句を言っている。

この記事を読む。

COP19: 気候への取り組みを訴えて断食

国連気候変動会議に参加しているフィリピン政府代表のイェブ・サノは、同会議で有意義な進捗が見られるようハンガーストライキをしている。同会議に参加しているブロガーやツイッター利用者たちもイェブ・サノに同調している。

2014/03/16

この記事を読む。

フェミニストパンクグループ Pussy Riot で内乱?

RuNet Echo

「私たちはもうマリーナとナジェージダとはバリケードを挟んで逆側にいるため、一緒ではない。私たちはナジェージダでもマリーナでもないし、彼女たちももうPussy Riot ではないのだ。」

2014/02/17

この記事を読む。

マンデラ氏追悼式、手話通訳者が偽物!?

マンデラ元大統領の追悼式で手話通訳をしたタマサンカ・ジャンティ氏。なんと、その手話はデタラメだった。彼の名は「インチキ手話通訳」として世界中に知れ渡っている。

2014/02/05

この記事を読む。

「海が呼吸する場所」:プエルトリコの政治犯より、刑務所からの手紙

プエルトリコ独立運動の政治犯、オスカル・ロペス・リベラは32年もの間、アメリカにて収監されている。孫娘に宛てた手紙の中では、故郷の海に思いをはせ、素顔の一面を垣間見せる。

2014/01/31

この記事を読む。

ネルソン・マンデラ:東ティモールの永遠の友、そしてインドネシアバティックのファッション・アイコン

ネルソン・マンデラ氏は、東ティモールの独立紛争において重要な役割を果たした人物である。また、インドネシアの伝統的なバティックシャツを世界に広めた人としても認められている。

2014/01/16

この記事を読む。

Twitterでの茶番劇:インドネシア大統領への豪スパイ疑惑のあとで

オーストラリアによるインドネシアへのスパイ疑惑をめぐって、両国が外交上のにらみ合いを続けている中、オーストラリアの保守系政治報道アドバイザーがネチズンの想像力をかきたて、Twitterでの茶番に巻き込まれた。

2014/01/05

この記事を読む。

セントルシア、セントビンセントの皆さん、カナダに行くならビザが要りますよ!

2012年9月11日、カナダ市民権・移民省(CIC)は、セントビンセント・グレナディーンのカリブ諸国2国を含む5カ国に対して、新しいビザ規制措置を施行した。これは驚くべきニュースではないが、ネット上では様々な意見が飛び交っている。

世界の地域

言語