See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 宗教

2015/06/12

シャルリー・エブド襲撃後、はたして私たちは笑っていて良いのか?

言論の自由は守られなければいけないが、良心と崇拝の自由も尊重されなければならない。

2015/06/07

# IAm26 (26番目の署名者は私) ―― 宗教的不寛容さを批判する公開書簡がマレーシアで共感を呼んだ

マレーシアで、引退した元高級官僚25名がイスラム法の現在の適用のあり方を批判する内容の公開書簡を政府に提出し、広く反響を呼んだ。

2015/04/26

タイ北部の村、モスク建設に抗議する仏教徒住民

タイでは仏教徒が大多数だが、人口の約5%はムスリムである。北部ナーン県で起こった不寛容な抗議デモに、心を痛めるタイ人もいる。

2015/03/21

「サン=ドニの子たちはシャルリーじゃない」!? もう偏見はやめて!

シャルリー・エブド襲撃事件について、仏大手メディアが少数派民族の意見として掲載した内容に、一人の教師が反論の声をあげた。

2015/03/10

シャルリーはAhmedである、Ahmedはシャルリーである:フランスの悲劇の中で登場したハッシュタグ

ハッシュタグ#JesuisAhmedがトレンドに入り始めた。これは、銃撃犯がシャルリー・エブドを襲った時殉職した、イスラム系の警官Ahmed Merabetの名前だ。Ahmed Merabetは、守るべきフランスの市民とフランス国家を擁護して、フランスの市民として亡くなった。

2015/02/24

殺害されたパキスタンの子供たちへ、悲しみに満ちた世界中での弔い―ペシャワール襲撃事件―

パキスタンのペシャワールでのタリバンによる学校襲撃事件を受けて、殺害された人々を偲ぶ追悼式が世界各国で開かれた。

2015/02/07

インドの祝祭ディワリと深刻化する環境問題

インドの祝祭ディワリが招く環境被害。国民は、なかなかこの問題に対処しようとしないが、ただ自分たちの健康や安全性に危険が及んでいることに気づいていないだけなのだろうか。

2015/01/31

マジですか。サウジの新しい宗教令、雪だるま作りを禁止

かつて2008年に、イスラム法学者ムハンマド・ ムナジド師はTVのインタビューで、ミッキーマウスも含めネズミを皆殺しにすべきだと説いた。そして今回再び、彼は「雪だるま禁止」の宗教令で攻めてきた。

2015/01/14

イスラム過激派から「パキスタンを取り戻そう」!

ペシャワルでタリバンの武装集団が学校を襲撃、生徒130人以上が犠牲となった。事件以来、パキスタンの人々は残虐な過激派に対して抗議運動を行っている。

2014/11/03

日本:神を信じる困難

世界四大宗教の一つに数えられるキリスト教だが、日本人の信者はきわめて少ない。平均的な日本人にとって、キリスト教との関わりは教会で結婚式を開くときぐらいだ。だからこそ、純粋な信仰心が生まれることもある。