See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 戦争・紛争

2015/08/12

ナイジェリアの歌手よりボコハラムへ

ナイジェリア出身の歌手、ネカが彼女の楽曲「Pray For You」を通してボコハラムへメッセージを送る。

2015/08/05

イスラエルとパレスチナ、両方から人気のテレビドラマ「ファウダ」とは

イスラエル制作のTVドラマ「ファウダ」。そのタイトルは、アラビア語で「混沌(こんとん)」を意味する。ちょうどシーズン1が終了したところだが、イスラエル人とパレスチナ人、両方から次のシーズンを待望する熱い声が聞こえる。

2015/08/04

アルメニア人虐殺を語るとき、欠けている言葉は正義です

ラテンアメリカの中で5カ国だけがアルメニア人虐殺を認定している。そのひとつであるアルゼンチンのジャーナリストが祖父母の悲惨な体験を語った。

ミャンマー難民の子供たち、絵画を通して体験を語る

ライジング・ヴォイセズ

ビルマ難民の若者たちを対象に、自由に絵を描きそれについて語る「ビジュアル・ストーリーテリング・ワークショップ」が何度か開催されている。主宰者の米国人作家エリカ・バーグは、そこで描かれた子供たちの芸術作品をまとめ、本を出す予定だ。

2015/07/30

米国:ベトナム難民のきょうだいが経験したアイデンティティ・クライシス

南ベトナムから避難してきたベトナム人きょうだいが、新天地アメリカで突然始まった生活について回想する。 これは、StoryCorpsによって収録されたストーリーの1つである。

2015/07/15

ウクライナとロシアのユーザー、「政治目的のブロックを止める」ようFacebookに要請

RuNet Echo

ウクライナやロシアの人たちは、Facebookに抗議するため、Change.org上でキャンペーンを立ち上げた。彼らによれば、ウクライナとロシアのFacebookプロフィールに対し不当で偏ったブロックが行われており、それは今でも継続中だという。

2015/06/25

イランイラク戦争の敵、今は互いを支えあう友

30年前、その兵士は致命傷を負った敵を殺そうとしていたが、敵兵の家族が映る写真を見てやめた。その2人が何十年もの時を経て偶然にも再会する。

2015/06/22

南九州市、特攻隊の資料をユネスコの世界記憶遺産申請

第二次世界大戦で決死の飛行に備え、多数の若いパイロットが手紙などの記念物を残した。知覧町は特攻隊の資料をユネスコの記憶遺産に申請した。

2015/06/08

ケネディ米大使が被爆地広島を再訪、慰霊碑に献花

この4月、キャロライン・ケネディ駐日米大使が広島平和記念資料館を見学、原爆慰霊碑に献花。現役のアメリカの大使としては前例のないことだ

2015/05/28

フェイスブックへの投稿が、タジキスタン人のイエメンからの脱出を後押しか

「誰が私たちを助けてくれるのでしょう?」空爆下のイエメンから、救出を求めるタジキスタン人女性の声。イエメンに住むタジキスタン人医師の数は300人以上。その子どもたちも含めると400人以上になる。