GlobalVoices in

アフガニスタン

国アーカイブ · 12 件


最近の記事: アフガニスタン

2013/06/02

この記事を読む。

「女性はアフガニスタンを変える」 Noorjahan Akbar インタビュー

Noorjahan Akbar(22)はアフガニスタンの女性の人権に関わる活動家であり、多筆のブロガーでもある。 この10年間のアフガニスタンにおける女性の権利には多くの前向きな変化があったと考え、また、アフガニスタンの女性が自分たちの置かれている厳しい状況を主張する上で、ソーシャルメディアがとても効果的な手段だととらえている。

2012/11/18

この記事を読む。

アフガニスタン:2014年以降のアフガニスタン、暗黒の時代ふたたび?

国際治安支援部隊は2014年末でアフガニスタンを後にすることになっているが、この戦いは「未完了の任務」を残したままである。何年にも渡る紛争を経て、NATO軍はこの国の治安維持に関する責任をアフガン国軍に移譲する予定だ。しかし海外軍の撤退後、アフガン国軍がこの国の秩序と安定を保つことができるだろうか。とどまるべき、撤退すべき、両方の声を取り上げる。

2008/10/02

この記事を読む。

聴覚障害啓発週間:様ざまな手話の種類

多くの聴覚障害者が手話を第一言語、書き言葉を第二言語と考えていることをご存知だろうか。毎年9月の第4週は、国際聴覚障害啓発週間。

2008/07/12

この記事を読む。

アフガニスタン:ネット利用者の死刑宣告に進展なし

サイード・パルウィズ・カムバクシュは、マザリシャリフのバルク大学でジャーナリズムを専攻する学生で、女性の待遇に関するイスラム教の立場を批判するイランのウェブサイトからの文章を複製したことで12月に死刑判決を受けた。最近の控訴尋問で、彼は裁判官から激しく非難された。

2008/01/26

この記事を読む。

アフガニスタン:ブログ記事配布に死刑判決

アフガニスタンの活動家ブロガーグループによって立ち上げられたコミュニティーThe Afghan Association Blog Writers(Afghan Penlog)は、地方裁判所により死刑判決を受けた青年ジャーナリストサイード・パルウィズ・カムバクシュ(Sayed Parwiz Kambakhsh)について深い懸念を表している。

2007/09/17

この記事を読む。

アフガニスタン:2001年9月11日を思う

6年前(やはり同じ火曜日だったのは皮肉か)、四機の民間航空機を15人がハイジャックした-二機は世界貿易センタービルに突っ込み、このビルは3000人の犠牲者と共に、最終的には炎に包まれて崩壊した。

世界の地域

言語