See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 タジキスタン

2013/12/28

タジキスタン:国旗の誤った使い方

ちりとりとして使われたタジキスタン国旗は、タジク人のソーシャルメディアのユーザーたちの怒りに火をつけた。

2013/11/18

タジキスタン: 水会議 「実りのない声明」を出して閉幕

タジキスタンは2013年8月21から22日まで、国際水会議を主催した。しかし、この会議はタジキスタンのソーシャルメディアユーザーにさほど感銘を与えることはできなかった。彼らは水関連の課題を解決するには、大きな会議を開催するより具体的行動をとる方が有効と考えているからである。

2013/03/04

「タジキスタンの裁判官は高級娼婦」

タジキスタンの司法制度に対して最近、ソーシャルメディア・ユーザーから通常の件数を上回る批判の書き込みが寄せられている。論争を呼んでいる2つの目立った事例を取り上げ、タジキスタンのネチズンは自国の「腐敗した」裁判官をこき下ろし、彼らを娼婦になぞらえている。

2013/01/10

タジキスタン: ロシアの「出稼ぎ労働者ガイド」に侮辱的表記

サンクトペテルブルク市が発行した新「季節労働者ガイド」は、外国人労働者を箒(ほうき)、絵筆、コテおよび塗装用ローラーとして描いている。この冊子を巡ってタジキスタンのインターネットユーザーおよび政府から、この外国人労働者の表現法は侮辱的だとする怒りの声が、広く巻き起こっている。

2012/12/29

タジキスタンにおけるレーニン 「マシなヒットラー」それとも「真の英雄」

タジキスタン当局は独立後、各地にあるソビエト時代に建てられたウラジーミル・レーニンの像をほとんど撤去した。これを巡る議論がタジキスタン国内で加熱している。レーニンは「ましなヒットラー」というブロガーもいれば、「真の英雄」だというブロガーもいる。

2012/11/23

タジキスタン:サッカーの試合で大乱闘

タジキスタン北部の町イスタラフシャンで行われたサッカーの試合は、ピッチ上で大乱闘が発生したため、中止を余儀なくされた。この騒動について、ネチズンはどのように反応したのだろうか。

2012/09/11

タジキスタン首都市長、Facebookユーザーらと公開ミーティング

閉鎖的な政治が常であるタジキスタンにおいて、同国の首都ドゥシャンベ市長が400人のFacebookユーザーらと公開ミーティングを行い、その批判の声に対応した。ミーティングはオンラインで生中継された。

2012/06/07

タジキスタン:ある貧困国での薬物取引の経済学

タジキスタンでは、エコノミスト誌が発したある記事が引き金となり、ニュースのウェブサイトで話題を呼んだ。その話題とは、公務員たちの汚職、そして彼らの薬物取引への関与について、である。

2008/01/27

タジキスタン:氷河期

タジキスタンでは待望のサングトダーI水力発電所が稼働を開始したにもかかわらず、国民はその変化を感じることがない。稼働しているのは(4つのうち)最初のタービンだけで、他の3つは今年末までは稼働しない。数日で寒気がタジキスタンから離れると予測していた現地の気象学者の言葉とは裏腹に、気温はいまだマイナス16〜20度である。