GlobalVoices in

カンボジア

国アーカイブ · 12 件


最近の記事: カンボジア

2014/02/09

この記事を読む。

ボランティアは自発的に?それとも食い物にされるため?

実際にボランティアたちに聞いてみよう!世界各地で、ボランティアは政府や慈悲活動のために重要な役割を果たしているが…。

2013/10/30

この記事を読む。

タバコのない東南アジアを目指して

東南アジアの国々で行われた喫煙に反対するキャンペーンと電子タバコの危険性に関する勧告についての紹介。各国の禁煙に関する取り組みの一端を知ることができる。

2013/10/16

この記事を読む。

2013年カンボジア国民議会議員選挙の女性候補者マップ

マップ機能で知るカンボジア国民議会議員選挙の女性候補者。未だ各政党の本命候補にはなれず。

2012/04/23

この記事を読む。

カンボジアの人権問題を伝えるオンラインマップ

カンボジアの人権擁護者らは、オンラインマップを用いて、カンボジアの人権侵害の記録、監視、掲示を行っている。その中には、国内紛争や報道者の死、表現の自由の妨害、収容所の混雑を追ったマッピングがある。

2011/02/15

この記事を読む。

タイ、カンボジア:国境争いが激化

タイとカンボジアの国境争いがここ数週間のうちに激化している。両国間では銃撃が交わされ、前線にいる兵士たち数名が死亡、国境近くの村落は避難を強いられている。この記事では、バンコクとプノンペンのソーシャルメディアから得られた反応をまとめた。

2011/01/29

この記事を読む。

東南アジア:2010年を振り返って

グローバルボイスの東南アジアチームが、2010年のトップニュースを振り返る。

2010/07/26

東南アジア:セックスとウェブサイト検閲

インターネット・コンテンツの規制は、今日では民主化運動に対する対抗手段と考えられているが、東南アジアの政府当局は淫らな性行動の蔓延から若者を救おうという使命感を前面に押し出すことで、それを正当化しているようだ。

2009/06/22

この記事を読む。

カンボジア:アンコール・ワットのライトアップ計画で物議

「ナイトライティング」ツアーの宣伝と、20パーセント減少した訪問者数の回復を図るため、カンボジア政府は11世紀に作られたアンコール・ワット寺院に人工照明を設置した。このプロジェクトは、一部の遺産保護活動家や懸念したカンボジア市民からの反対を受けている。

2009/04/02

この記事を読む。

カンボジア:クメール・ルージュ特別裁判

元クメール・ルージュのメンバーは、クメール・ルージュ特別法廷で裁かれることになっている5人のリーダーらを有罪に処するだけの十分な証拠がないと考えている。事件から30年経った今、証拠や目撃者を見つけ出すことは難しい。

2009/03/30

この記事を読む。

カンボジア:米の政治学

米は、カンボジアの主食であるだけではない。土地の権利や、貿易、国際関係にまでも関わってくる。一部のカンボジア国民は、ベトナムへの土地リースに対してフラストレーションを募らせている。この借地が所有権の移行へとつながり、結果としてカンボジア領土が失われることを懸念しているのだ。

世界の地域

言語