See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 台湾(中華民国)

2015/04/23

トランスジェンダーの人たちを応援するため、台湾の男子大学生がスカートを着用してみた

「悲しいとしか思えない。自分たちと違うマイノリティーを見かけたときに、何で僕らはネガティブな気持ちでいっぱいになってしまうんだろう」

2015/01/05

台湾のフェイスブックユーザー正義を求め死刑囚をタグ

チャン・チン・ツーは2002年に台湾で警察官殺害の罪で死刑を言い渡されたが、直接的証拠がないため彼の支援者は刑の見直しを要求している。

2014/06/06

台湾:赤ちゃんカワウソを救え

台湾の金門島で工事により巣穴を壊された2匹の赤ちゃんカワウソが保護された。

2014/05/16

台湾:絶滅寸前のタインワンツキノワグマ、パンダへと逸れる注目

心配性の台湾は、自分たちのタイワンツキノワグマよりも、中国本土の在来種のパンダの保護を推進してしまっている。

2013/04/01

世界規模のファストフードチェーン、中国の鶏肉スキャンダルに巻き込まれる

中国で最近起こった食の安全問題に、外国のファストフードチェーン数軒が巻き込まれた。外国企業は中国から撤退すべきとの国家主義的意見が挙がるなか、食の安全問題に対する、中国国家の意識の低さも問われる。

2013/02/25

台湾:核なき世界へ新年の願い

台北101で行われる年越しイベントが、今年は特別なものとなった。人気歌手や環境活動家、若手活動家が協力しあい、2013年に向けた人々の共通の願いとして「核なき台湾」を提案したのである。

2012/12/22

台湾:学問の自由が企業の訴訟で脅かされる

国立中興大学環境工学科教授の Ben-Jei Tsuang (荘秉潔)博士が大企業の一つ、台湾プラスチックグループ(台塑集團、FPG)による名誉棄損訴訟の最も新しい犠牲者である。この訴訟には訴訟費用の負担を与え続け、批判するものを検閲し、おどし、だまらせるという意図がある、と荘博士の弁護団は考えている。現在の台湾における名誉棄損の刑事訴訟は国際規約に違反している、と示唆する法律専門家も多い。

2012/07/04

台湾:原発のない未来は実現するのか?

安全点検の徹底のため日本で実施されてきた原発停止。5月5日、すべての原発の停止作業が完了した。これに駆り立てられ、台湾でも「原発なき台湾」へと向かうことができるか議論を交わしている。

2012/05/31

台湾:故郷を愛する人々を襲う30年の『悪夢』

昨年日本で起きた 福島での原発事故 後、 台湾ではますます多くの人々が原発によって引き起こされるさまざまな問題に気付き始めた。最も深刻な問題の一つは、タオ族 が代々住み続けてきた 蘭嶼(台湾本島の南東沖にある周囲40kmの孤島)に貯蔵されている放射性廃棄物の問題である。

2012/05/30

ノルウェー主催、先住民報道に贈る初のジャーナリズム賞

権威あるノーベル平和賞の授賞式が、ノルウェーで開催されていることは広く知られている。今月(2012年3月)29日、スカンジナビアのその国で、もう一つの注目すべき、しかしほとんど知名度のない、世界先住民テレビ局ネットワーク (WITBN) のためのジャーナリズム賞の授賞式が初開催される。