GlobalVoices in

エクアドル

国アーカイブ · 10 件


最近の記事: エクアドル

2014/04/05

この記事を読む。

ラテンアメリカに広がる「Humans of …」写真集

ブランドン・スタントンさんの人物写真ブログ「Humans of New York(ニューヨークの人々)」シリーズは、世界中の写真家に影響を与えた。ラテンアメリカでも様々な「Humans of…」シリーズが創られ、この地域特有の民族・文化の多様性を惜しみなく見せている。

2013/10/09

この記事を読む。

エクアドルのサッカー選手クリスティアン・ベニテスが死去

サッカーファンたちは優勝したクラブ・アメリカ(メキシコ)のスターでエクアドルの選手「チュチョ」ベニテスの突然死に深い悲しみを覚えている。

2013/09/21

この記事を読む。

エクアドル:大統領が風力発電所の運転開始を不許可

エクアドルのラファエル・コレア大統領は、Villonaco風力発電所は未完成として、運転開始宣言を差し控えた。

2013/06/02

この記事を読む。

エクアドル、WikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジの亡命を認める

人々の期待が高まる中、エクアドルはWikiLeaks 創設者のジュリアン・アサンジの政治亡命を認める意志を表明した。アサンジは現在ロンドンのエクアドル大使館内にて保護されている。WikiLeaksやジュリアン・アサンジ及び外務英連邦省など、当事件の主役たちの反応によってTwitterが騒ぎ立った。

2013/02/05

この記事を読む。

エクアドル: 先住民ドキュメンタリー「ジャガーの子どもたち」ナショナル・ジオグラフィック映画賞受賞

「ジャガーの子どもたち」は、エクアドルのアマゾン密林にて石油を採掘しようとする多国籍企業によって引き起こされる被害と、土地を守ろうとする住民の苦難を鮮やかに描き出したドキュメンタリーだ。

2011/01/25

この記事を読む。

コスプレ in 南米!

コスプレは、コスチュームやアクセサリーで漫画やアニメ、テレビゲームに登場するお気に入りのキャラクターに扮する自己表現。コスプレファンは世界中に存在し、南米も例外ではない。コスプレヤーの情熱は、彼らの手の込んだコスチュームだけではなく、彼らのコスプレを広めることへの関心や、個人のブログやフェイスブック、Flickrやツイッターなどを通じて自分の経験を共有しようというところにも見られる。

2010/08/03

この記事を読む。

エクアドル:コンドルの日

エクアドルでは、1991年に農業省によって採択された決議で、7月7日はコンドルの日と定められている。残念なことに、多くのエクアドル人は何も知らずにこの日を過ごす。

2009/03/13

この記事を読む。

エクアドル:コレア大統領、先住民族グループから圧力

エクアドルで、新しい鉱業法が議会で可決された。新法案には、先住民族グループから反対の声が上がっている。

2008/05/08

この記事を読む。

エクアドル:全国でフリーソフトウェアのイベント開催

ラテンアメリカ各地で、「Latin American Festival of Installation of Free Software」(FLISOL 2008)が先日閉幕した。エクアドルでは、ラファエル・コレア大統領が2008年4月10日の法令1014で、行政機関のコンピュータはフリーソフトウェアを使用するべきだと規定したために、イベントには大きな関心が寄せられた。

2007/09/10

この記事を読む。

エクアドル: 憲法制定会議に向けたブログ

エクアドル大統領ラファエル・コレア(Rafael Correa)の党が、従来のウェブサイトからブログというコミュニティサイトへ転換し、憲法制定会議の各立候補者が自分のブログを持つようにしたことは、Web2.0を使った政治運動という点で間違いなく覚えておくべき体験となるだろう。

世界の地域

言語