GlobalVoices in

グアテマラ

国アーカイブ · 9 件


最近の記事: グアテマラ

2013/10/03

この記事を読む。

図書館だより:シェラ市民図書館の一年後

ライジング・ヴォイセズ

ライジング・ボイスの助成金を受給した「シェラ市民図書館」プロジェクトのこの1年について。グアテマラのケツァルテナンゴにある3つのコミュニティ図書館それぞれのブログ記事から、図書館やそれを取り巻くコミュニティにおける日常のようすを紹介する。

2012/08/26

この記事を読む。

ロンドンオリンピックで存在感を増す中央アメリカ

ロンドンオリンピックでは、中央アメリカ諸国は、記録には残らないものの、記憶に残る多くの場面を残した。グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアの人々は、ソーシャル・メディア上で自国選手の活躍をたたえた。

2012/07/14

この記事を読む。

ラテンアメリカ再発見の旅

あるラテンアメリカ旅行ブログでは、寄稿者自身が現地を訪れ、主要メディアでは取り上げられにくい様々な側面を、現地から伝えている。ここまでの旅の概要を振り返ってみよう。

2012/05/30

この記事を読む。

グアテマラ:地域活性化を手助けするペダル動力マシーン

グアテマラに本拠地を置くMaya Pedalは、中古自転車の新しい使い道を研究している団体である。修復可能な自転車は、グアテマラの道々で安価な交通機関として生まれ変わり、自転車としての役目を果たさないものは、水を汲み上げる、トウモロコシをすりつぶす、(材料を)かき混ぜる、ナッツの皮を除く、屋根瓦を作る、などの市民の日常仕事を手助けする機械へと変身する。

2012/02/06

この記事を読む。

グアテマラ:サトウキビ畑で働く子供たち

グアテマラのオンラインニュースサイトPlaza Publicaのジャーナリストによって行われた最近の調査で、政府当局が、法律的には児童労働防止に努める一方、過酷な肉体労働であり危険な仕事でもあるサトウキビ畑労働に、14歳未満の子どもたちが携わっているのを認知しているということが明らかにされた。

2011/01/25

この記事を読む。

コスプレ in 南米!

コスプレは、コスチュームやアクセサリーで漫画やアニメ、テレビゲームに登場するお気に入りのキャラクターに扮する自己表現。コスプレファンは世界中に存在し、南米も例外ではない。コスプレヤーの情熱は、彼らの手の込んだコスチュームだけではなく、彼らのコスプレを広めることへの関心や、個人のブログやフェイスブック、Flickrやツイッターなどを通じて自分の経験を共有しようというところにも見られる。

2009/04/24

この記事を読む。

グアテマラ:鉱山採掘事業への反対

最近のBBCの報道で、グアテマラのいくつかの先住民コミュニティーで見られる皮膚感染症について伝えられた。コミュニティーの多くの人々や活動家は、この健康被害について、露天掘り採掘を行っているカナダ企業のゴールドコープの責任を追及している。

2008/11/28

この記事を読む。

ラテンアメリカ:言い伝え、お化け、悪魔、そして怖い話し

ラテンアメリカには、さまざまな神話がある。インカ、マヤ、アステカ時代から語り継がれたものもあれば、植民地時代にヨーロッパから流れ込んだものもある。シリーズの第一弾として、今回は「Llorona」、「Cegua」、「Cadejos」、「悪なる光(Evil Light)」など、ポピュラーな神話や伝説をいくつかご紹介しよう。

世界の地域

言語