See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 メキシコ

2014/05/10

「メキシコ人」が、ゼロ・グラビティでオスカー受賞

2014年3月2日(現地時間)の第86回アカデミー賞。「メキシコ人」のキュアロン監督とルベツキ監督がオスカーを獲得したが、メキシコのTwitter上では、様々な反応が飛びかった。なぜ、人々は複雑なのか?

2013/12/19

メキシコのレイプ被害者は沈黙する。男性優位主義の偏見ゆえに

4分に1件の割合でレイプが起こるメキシコ。その暴行犯罪は、近年残忍さを増しているという。Fundación MEPIの報告である。

2013/10/09

エクアドルのサッカー選手クリスティアン・ベニテスが死去

サッカーファンたちは優勝したクラブ・アメリカ(メキシコ)のスターでエクアドルの選手「チュチョ」ベニテスの突然死に深い悲しみを覚えている。

2013/05/22

ツイッターがメキシコ国民を「戦争特派員」に変える

麻薬抗争が続くメキシコでは、暴力の標的になるのを恐れる従来の報道機関に代わり、ツイッターが信頼できる情報源になりつつある。メキシコでのソーシャルメディアの影響力を調査したアメリカの研究結果を紹介する。

2013/02/27

メキシコ:連邦裁判所 物議を醸している風力発電に中止命令 

第七地区連邦地方裁判所が、オアハカ州南部で物議を醸しているサンディオニシオ・デル・マルの風力発電所の建設を一時的に中止すべきとする差し止め命令(amparo)を発したことにより、メキシコ、オアハカ州テワンテペク地峡における風力発電基地に対する地元民の大規模な反対運動は、2012年12月7日大勝利を収めた。先住民族であるワベの人々は裁判所の判決に感嘆の声をあげ、政府と企業に判決に従うよう要求し、なおも草の根の闘争を続けている。

2012/08/07

メキシコ:議会がACTAを否決

GV アドボカシー

メキシコ上下院両議会は2012年7月18日に採択した決議で、条約「ACTA」へのメキシコの署名を無効化するよう、同国の新大統領エンリケ・ペニャニエトに要請した。同条約については、メキシコ上院と電気通信委員会がその条文について強く拒否していたにもかかわらず、この否決に先立つ1週間前に、駐日メキシコ大使クロド・ヘレルが署名していた。

2012/07/21

メキシコ:学生運動が大統領選挙の不正を指摘

大統領選挙から数日が経ち、#YoSoy132学生運動の参加者や支持者たちが、ソーシャルネットワーク上で選挙の暫定結果について不満の声をあげている。また、選挙に不正があったとして、再集計を求めるデモをしている。

2012/07/14

ラテンアメリカ再発見の旅

あるラテンアメリカ旅行ブログでは、寄稿者自身が現地を訪れ、主要メディアでは取り上げられにくい様々な側面を、現地から伝えている。ここまでの旅の概要を振り返ってみよう。

2012/07/01

メキシコ:おもちゃコレクションに託すメキシコの未来

.ある65歳のおじいさんは、100万個以上の古いおもちゃを個人的なコレクションとして所有している。その多くはメキシコで作られたものだ。メキシコ人建築家Robert Shimizuは、彼の息子と共に、自宅をおもちゃ博物館として開館することに決めた。彼らの字幕付きドキュメンタリービデオ「メキシコおもちゃ物語」は、どのように開館へ至ったのか、又おもちゃを通してどのようにメキシコが自国の歩み取り戻せるか、彼らの考えを伝えている。

2012/06/19

メキシコ:#YoSoy132、「メキシコの春」の始まりか?

5月11日金曜日、制度的革命党(PRI)の大統領候補、Enrique Peña Nieto氏がイベロアメリカ大学の学生との公開討論会に出席した。討論会は、学生が大統領候補をたびたび非難するという特異なものであった。この訪問に関するメディア報道は、爆発的なエネルギーとなり、まずソーシャル・メディアで放出され、今ではメキシコ主要都市の道々に溢れ出ている。