GlobalVoices in

イラン

国アーカイブ · 46 件


最近の記事: イラン

2014/02/26

この記事を読む。

キス抜きのラブストーリー。イラン映画の実情

イラン映画では、登場する男女が触れ合うことは許されない。恋愛映画でも、単なる家族間の抱擁でも同じである。

2013/11/02

この記事を読む。

ネット監視強化へ不安つのる

GV アドボカシー

今週のネチズンレポートでは日本の秘密保全法、ドイツでのNSA監視、イタリアでの知財対策などについて報告する。

2013/05/18

この記事を読む。

イラン:男らしく「女装」しよう!

クルド人男性たちが女装した自分の写真を撮っている。「女性であることは誰かを罰したり辱めるための道具ではない」というFacebook上のキャペーンの一環である。

2013/03/23

この記事を読む。

命を救うヒーローを求めて-イラン系アメリカ人による骨髄プロジェクト

イラン系アメリカ人の若い女性であるナシムは、骨髄移植を必要としている。彼女を救おうと、著名なイラン系アメリカ人たちが立ち上がった。ソーシャルメディアを使って、骨髄を提供してくれるヒーローを見つけようというのだ。

2013/02/21

この記事を読む。

いのち支える干潟の息吹

じめじめとした湿地。退屈で一見不毛にも見える湿地。そんな見た目とは裏腹に、湿地 は生物多様性に富み、水循環 のバランスを保っている。 日本は、世界2,098あるラムサール条約登録湿地のうち46の登録湿地を有しており、その保全は必須である。

2012/11/10

この記事を読む。

イラン:鶏肉の値段高騰、天井知らず

鶏肉の値段は、ここ数か月で80%以上高騰しており、さらに高騰し続け人々の手が届く範囲を超える見込みだ。消費者は、昨年の値段の3倍の、1キロ当たり70,000 リアル(5.60 米ドル)も払わなければならない事態になっている。

2012/07/07

この記事を読む。

イラン: 自由の歌

イランの人権活動を行っている非営利組織United4Iranが、イランが自由を回復するようにという希望をこめてオンライン上で楽曲提供を行っている。

2012/05/14

この記事を読む。

イラン:政治犯のための、怒れるグラフィティアート週間

2012年4月、イランの政治犯に敬意を表しステンシルで絵を描こうという、Facebook発の呼びかけがあった。 それは私たちがオンライン上で見慣れるようになってしまった政治犯の顔を現実世界に届けるものとして、世界中で広く支持された。

2012/04/24

この記事を読む。

イラン人からイスラエル人へ。「私たちはイスラエルのみなさんの友だちです」

「ぼくたちは、イランを爆撃したりしない。イランのみなさんが大好きです。」イスラエル発のFacebookのキャンペーンが、イランからの返事を受け取った。バーチャル世界でまいた平和の種を現実世界でも収穫できる日が望まれる。

2012/03/29

この記事を読む。

イラン:イランの新年から金魚がなくなる?

金魚はイランの新年に欠かせない特別な役割をもつ。イランでは新年を春分の日(3月20日)に祝い、Nowruz(ノウルーズ)と呼んでいる。しかし、毎年、動物の権利保護者たちやブロガーたちが金魚を買わないよう推奨する運動を行っている。

世界の地域

言語