GlobalVoices in

イスラエル

国アーカイブ · 21 件


最近の記事: イスラエル

2013/12/17

この記事を読む。

パレスチナより愛のつぶやき集

紛争地域に暮らしているからといって、毎日泣いてばかりいるわけじゃない。ジョークを飛ばして笑うことだってある。パレスチナから皮肉たっぷりの#PalestinianPickUpLines(パレスチナの口説き文句)をどうぞ。

2012/04/24

この記事を読む。

イラン人からイスラエル人へ。「私たちはイスラエルのみなさんの友だちです」

「ぼくたちは、イランを爆撃したりしない。イランのみなさんが大好きです。」イスラエル発のFacebookのキャンペーンが、イランからの返事を受け取った。バーチャル世界でまいた平和の種を現実世界でも収穫できる日が望まれる。

2012/04/02

この記事を読む。

スペイン: ジャーナリスト協会のトップ ベルトで活動家を脅す

グラナダ ジャーナリスト協会のトップ Antonio Moraはイスラエルとスペインの関係における写真展に抗議した親パレスチナ活動家をベルトで叩かんばかりに脅した。

2011/08/28

パレスチナ: イスラエルのブルドーザー、ガザの通信遮断

ガザの全通信が遮断されたとの報告がネット上で相次いでいる。ツイッターではユーザー達の間で、この通信遮断がイスラエルのブルドーザーによるものであると非難の声が上がっている。以下はそのやりとりの一部である。

2009/11/23

イスラエルとパレスチナの若者、ビデオで紛争理解

イスラエルとパレスチナ占領地の2つの異なる団体が、ビデオツールを使った活動を行っている。これは、ユダヤ人とアラブ人の若者たちが紛争を理解し、彼らの間にある溝を埋めることで彼らが生活している複雑な状況についての夢や心配ごと、そして考えを共有できる交流とコミュニケーションの空間を生み出すためのものだ。

2009/01/27

イスラエル:ガザ侵攻をめぐる議論

イスラエルのブロゴスフィアは、ガザへの攻撃と増え続けるイスラエル都市へのロケット攻撃に激しい反応を見せた。多くのブロガーたちが賛成や反対の意思を示したり、またイスラエルには選択肢がないとも言っている。ここでは、攻撃が始まってから2日間に、イスラエル人によって書かれたものをいくつか紹介する。

2009/01/09

パレスチナ:ガザから

ガザへの攻撃が続き、多くの場所で電気がないにも関わらず、何が起きているかを何とか書いているガザのブロガーがいる。そして、ガザ地区にいる外国の人道活動家たちも目撃証言を書いている。

2008/07/07

パレスチナ:オバマの発言‐エルサレムは不可分だ

6月11日、バラク・オバマが米国イスラエル公共問題委員会(AIPAC)で、エルサレムはイスラエルの不可分な首都だと発言し、パレスチナ当局の怒りをかった。マフムード・アッバス大統領は、オバマの発言は「まったく受け入れられない」との声明を発表し、アッバス氏の側近であるサエブ・エレカト氏は、パレスチナは、東エルサレムはパレスチナの首都だとの主張を続けると述べた。

世界の地域

言語