GlobalVoices in

レバノン

国アーカイブ · 20 件


最近の記事: レバノン

2014/03/08

この記事を読む。

知っておくべき5つの物語:シリア難民に降りかかる困難の数々

シリア難民が祖国から離れて直面する厳しい現実を、写真を通して語る5つの物語。

2013/09/02

この記事を読む。

レバノン:DV対策法への最初の一歩

7月下旬、レバノンで新しいDV対策法が成立した。今回の改正により、家族の構成員全員が対象とされることになったが、ネット上ではまだ不十分だという声があがっている。

2013/05/07

レバノンで初の民事婚「法務省が認める」

レバノンで初の民事婚が法務省に認められた。しかし内務省はいまだに承認していない。「レバノン:わたしたちの民事婚を認めて!」その後を伝える。

2013/04/20

レバノンの移民労働者を搾取から守るキャンペーン

レバノンで問題になっているKafala(後援)制度を糾弾する目的で、7つの民間非営利団体(NGO)が社会問題省と共同で近日「Fi Chi Ghalat(何かが間違っている)」キャンペーンを立ち上げた。この制度のあり方はかなり単純なものだ。全ての「単純労働者(家庭労働者)」は国内に彼らのビザと法的身分の責任を持つ後援者を持たなければならない。多くの場合この後援者が彼らの雇用者でもある。

2013/04/02

レバノン:わたしたちの民事婚を認めて!

レバノンでは非宗教的な結婚が今もできない。だが、あるカップルが「現行法でも民事婚はできる」と主張したことにより、民事婚を強く求める人々の間で議論と期待が再び熱を帯び始めた。

2012/12/19

この記事を読む。

レバノン: 誰が情報機関トップのウィサム・アル・ハッサンを殺したのか?

レバノンのベイルートで爆発が起こり、レバノンの情報機関トップのウィサム・アル・ハッサン氏を含む8人が死亡、約80人が負傷したとされる事件で、死亡したハッサン氏の命を狙った犯行について、シリア、イラン、ヒズボラ、そしてイスラエルのすべてに疑いがかかっている。(10月20日時点)

2012/05/01

この記事を読む。

レバノン:枝の主日とイースターのお祝い

2012年4月8日、レバノンでは2つのキリスト教の祝日のお祝いがあった。グレゴリオ暦に従う教会ではイースターが、ユリウス暦に従う教会では枝の主日が祝われたためである。

2012/03/31

この記事を読む。

アラブ世界:アンソニー・シャディド追悼

2月17日、ニューヨーク・タイムズ紙の中東特派員アンソニー・シャディドが、シリアにおいて43才で亡くなったという悲劇的なニュースが世界中の視聴者を悲しませた。報道によれば、死因は馬アレルギーによるぜんそく発作であるという。

2012/02/09

この記事を読む。

アラブ世界: 写真で一年を振り返る― GV著者セレクション

2011年に別れを告げ2012年を見つめる今、GVの著者たちに、去年一年を象徴しているかのように見える写真をそれぞれの国から選んでもらった。以下は著者らが選んだ写真だ。

2011/09/20

この記事を読む。

モロッコ: 「マラケシュ大好き!」

モロッコの主要観光地マラケシュが木曜日に爆弾で襲撃された。ブロガーたちは爆発の犠牲者との連帯を示すために、自分の写真を投稿してほしいと呼びかけている。

世界の地域

言語