GlobalVoices in

シリア

国アーカイブ · 26 件


最近の記事: シリア

2014/04/14

この記事を読む。

シリアを分断するベルリンの壁

Syrian Students for a better futureはシリア人の奨学金を受けた学生たちによるブログである。このブログでは彼らの郷愁、希望、疑念、苦悩、前向きさ、そして母国の明るい未来を思う気持ちが綴られている。

2014/04/12

この記事を読む。

最大のシリア難民キャンプ:「ザアタリ」の小さなアーティストたち

シリアとヨルダンの国境にある難民キャンプ「ザアタリ」で、シリア難民の子供たちが絵画の才能を開花させている。子供たちの作品を世界に紹介し、作品展を開催することで、子供たちが学校へ戻れるように支援を得ようという活動を紹介。

2014/03/08

この記事を読む。

知っておくべき5つの物語:シリア難民に降りかかる困難の数々

シリア難民が祖国から離れて直面する厳しい現実を、写真を通して語る5つの物語。

2013/12/25

この記事を読む。

シリア:自転車に対する既成概念 乗り越えられるか

性別を問わず自転車に乗るシリア人を撮った無数の写真がネットを席巻している。なぜなのか、答えはいざここに。

2013/06/08

この記事を読む。

トルコ:レイハンル爆破事件、報道禁止令と狙われるシリア難民

2013年5月11日、シリアとの国境の町レイハンルで、トルコ共和国史上最悪と言われるテロ事件が発生した。爆破事件、政府による報道禁止令、続いて起こったシリア難民への攻撃に対して、ネット上ではどんな反応が見られたか。

2013/02/17

この記事を読む。

シリア:スンニ派の病院で働くアラウィー派の看護師

トゥルクマン山のあるラタキア県内、反政府勢力が支配する地区を移動していたとき、野戦病院で働くアラウィー派の看護師Umyara(34歳)と知り合った。バッシャール・アル=アサド大統領の主要拠点であるラタキアでは、スンニ派とアラウィー派が何世紀ものあいだ共存してきた。しかしいまでは、アラウィー派主導の政権とスンニ派が大部分を占める自由シリア軍(FSA)との戦闘が激化するにつれて、ついには市民同士にまで敵対意識が広がるのではないかと多くの人々が不安を感じている。

2012/10/07

この記事を読む。

シリア:国旗をめぐる大混乱

シリアの反体制派は、フランスから独立した当時の国旗をシンボルとして採用した。 この旗を独立旗と呼ぶ人々もいれば、植民地の旗と呼ぶ者もいる。双方が持論を主張しており、論争は続いている。

2012/08/21

この記事を読む。

中東&北アフリカ: ラマダンがやって来た

イスラム暦での第9月、ラマダン が始まった。ムスリムが日の出から日の入りまでの間、断食を行う時期であり、それによって、神に近づき、自分たちに与えられた恵みを祝福する。世界各地のムスリムの人々が、この月を過ごす様子を写真に収め、ソーシャルメディアで共有を行っている。

2012/05/20

この記事を読む。

シリア:活動家のRima Dali 、殺りくの終わりを訴えダマスカスにて逮捕

「殺りくをやめろ!私たちはすべてのシリア人たちのために国を築き上げたいんだ!」これらの言葉は、Rima Daliが逮捕される直前である4月8日の日曜日に、ダマスカスにあるシリアの人民議会議事堂前で持っていた旗に書かれていた言葉と同じものである。

2012/04/21

この記事を読む。

アラブ世界:ハッピー・マザーズ・ディ 殉教者の母たちへのトリビュート

3月21日の今日、アラブ世界では母の日を祝っている。ソーシャルネットワーキングサイトでは、ネット利用者たちがこの日にお祝いの言葉を彼らの母親たちに送っている。彼らはまた通称アラブの春に、独裁政権に抗議したとして権力者に殺された何千もの殉教者の母親たちのことを思い出している。

世界の地域

言語