See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 サハラ以南アフリカ

2015/07/15

アンゴラのジャーナリスト、自身の受賞作「ブラッド・ダイヤモンド」が原因で裁判へ

GV アドボカシー

言論の自由はどこへ!?アンゴラのジャーナリスト、自身の受賞作「ブラッド・ダイアモンド」が原因で裁判へ

2015/06/27

モザンビーク:救命外科医は医師じゃない!!

国全体で現役の外科手術の執刀医がわずか20人ほどしかいない状況で、何ができるか?モザンビークは、手術を執刀する非医師の育成を決めた。

2015/06/12

シャルリー・エブド襲撃後、はたして私たちは笑っていて良いのか?

言論の自由は守られなければいけないが、良心と崇拝の自由も尊重されなければならない。

2015/06/01

親愛なるCNN、ウガンダはタンザニアではありません

ときどきCNNは強硬なパン・アフリカ主義左派のような報道をする。CNNは国境や名前に意味があると思っていないんだ!

2015/05/20

ケニア:ガリッサ大学襲撃の犠牲者を悼む--147は単なる数字ではない

4月2日、武装組織がケニアのガリッサ大学に乱入し、学生ら147名が殺害された事件。その後、#147notjustanumber(単なる数字じゃない147名)というハッシュタグをつけて故人の思い出をツイートする追悼の動きが広まっている。

2015/04/27

エボラ感染の減少―専門家は警戒対策の維持を訴え

世界保健機関が西アフリカ地域でエボラ流行を宣言してから1年が過ぎた。エボラ流行の現地にいた医師と保健ジャーナリストが、この1年を振り返る。

2015/04/08

「フォトブログは私の人生」ウガンダ人写真家Edward Echwalu氏は言う

「時に私たちは、たいした事のない問題に落ち込むことがある。ブログをやめないで欲しい。あなた方の考えから参考にする人々がそこにはいるのだから。続けて欲しい。」

2015/02/20

ケープタウン ファンシー・ガラダは自分を癒すために歌う  そして周囲の人を癒すためにも

ファンシー・ガラダは、10歳にして弟や妹の面倒を見ることとなり、急速に成長していった。だが、年下の兄弟姉妹の面倒を見るために、時には辛い思いもした。子供の時の辛い体験から立ち直ろうと、彼女は歌う。

2015/02/09

格差解消なるか:フェイスブックザンビアで無料アプリ

GV アドボカシー

フェイスブックと通信各社が連携し、インターネット環境を無料提供。