GlobalVoices in

マラウィ

国アーカイブ · 7 件


最近の記事: マラウィ

2013/10/19

この記事を読む。

サブ・サハラ・アフリカにおける科学関連ブログの実情

ブログはサブ・サハラ・アフリカの日常生活の中で不可欠のものとなった。しかし、同地域における科学分野のブログは今も後れを取っている。アフリカ科学界の情報共有化の風土を醸成しようと、さまざまな取組が行われてきたものの、今もって科学分野に関するブログは極めて少ない。特に研究分野においてその傾向は顕著である。

2013/04/03

この記事を読む。

マラウイ大統領バンダVS「自己中」な議員たち

マラウイ経済の建て直しのために奮闘しているジョイス・バンダ大統領が、未払いの燃料手当を支払わないと主張した。.これに対して議員たちが反発。経済的苦境にもかかわらず議員が燃料手当の支払いを要求していることに対して国民の反応は・・・

2012/12/31

この記事を読む。

マラウィの経済:課題が山積み?

マラウィ初の女性大統領ジョイス・バンダ氏が故ビング・ワ・ムタリカ氏からの政権運営を引き継いだ2012年4月以来、マラウイ人は希望と絶望の合わさった中で過ごしている。

2012/03/13

この記事を読む。

マラウイ:Muza Gondwe:マラウイのサイエンス・ブロガー

グローバル・ボイスの執筆者Victor Kaongaが、マラウイの女性サイエンス・ブロガーMuza Gondweを訪問。ブログAfrisciheroesについてインタビューした。

2011/08/20

この記事を読む。

マラウイ:ガソリン情報にFacebook利用の動き

マラウイでは去年から、燃料を得るために数時間並ばなくてはならない事態になっている。燃料不足によって、数千人の運転手、旅行者、経済が影響を受けている。ガソリンスタンドでの最新の燃料の供給状況をお互いに更新する方法として、マラウイではMalawi Fuel WatchというFacebookグループが用いられている。

2010/07/26

この記事を読む。

マラウィ:ベアフットカレッジのソーラー発電技術者たちがアフリカの僻地電化賞を受ける

日本に住むブロガーであるクレメント・ンタンバザル(Clement Nthambazale)は、太陽光発電プロジェクトがアフリカで最も大きな僻地電化賞(Rural Electrification Award)を受けた事について書いている。マラウィ中部のサリマにあるChimonjo村でこのプロジェクトが実施され、村人たちの生活には新たな側面がもたらされたのである。

2008/07/10

この記事を読む。

Global Lives Project:10人それぞれの1日の生活を記録

Global Lives Project は、世界各地で10人に密着し、彼らの行動を24時間ビデオに録画することで、彼ら生活を映し出そうと立ち上げられたグローバルな企画です。プロジェクトに関するより詳細な情報を紹介します。

世界の地域

言語