See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 フランス

2014/07/18

追悼:仏報道写真家カミーユ・ルパージュ

5月、中央アフリカ共和国で紛争の取材をしていたカミーユ・ルパージュさんが殺害された。彼女はジャーナリストとして、欧米メディアに無視されがちなアフリカの問題を取材しようと決意していた。

2014/06/14

フランス:最近流行の食べ物、キノコ

ワインや旬の果物・野菜のように、キノコは思想としても料理としても高く評価され、より豊かな生き方や地元の農家と密接に関わっている。

2014/05/24

フランス:風力エネルギー計画、タイムリミット間近に迫る

フランスの風力エネルギーは大きな可能性を秘めている。しかし、その開発の行く手には多くのハードルが横たわっている。

2014/04/06

世界中のフランス語圏からおすすめの伝統料理5種

肉や魚をメインに野菜やドライフルーツを入れたモロッコ風の「タジン鍋」を食べてみたくありませんか? それとも、キャッサバの葉と玉ねぎ、豚肉を煮込んだマダガスカル風「ラビトト」はいかがですか?

2013/11/26

中央アフリカ:「私たちを忘れないで!」

中央アフリカでは、政府軍とセレカの衝突が、2012年12月以来驚くほどに激化している。いくつかの町では人道的状況は悲惨で、特に内陸部では目を覆うばかりだ。

2012/09/17

フランス:アルコール検知器の義務化で交通事故防止

フランスでは今年の7月から、飲酒運転による事故を防ぐため、運転時にアルコール検知器の装備が義務付けられた。 現在、フランスでは飲酒・無免許運転による死亡事故が絶えない。シビアな市民の反応を取り上げる。

2012/08/19

マケドニア:数十年の歴史ある詩の祭典に注目を

ポルトガルの映画製作者André Soaresは、『詩の夕べ』 という国際的な詩の祭典に関する 短編映画 を上映している。 『詩の夕べ』は、マケドニアの Struga という街で1962年以降半世紀にわたり毎年開催されている祭典だ。

2012/06/28

フランス:イスラム法をからかった週刊紙本社が全焼

2011年11月2日未明、風刺週刊紙シャルリエブドのパリの本社に火炎瓶が投げ込まれ事務所が全焼した。それは、イスラム教の預言者ムハンマドを「客員編集者」に見立てた同週刊誌の最新号が発売され、売り切れそうになるほど売れた日のことであった。

2012/06/19

スイス:全市民のためのベーシック・インカム制定を求める国民発議が正式に発効

“無条件のベーシック・インカム” として知られる新しい連邦法の制定を求める国民発議が4月、正式に発効した。資力調査なし・就労状況に関係なく毎月全市民に対して金銭給付を行うという極めてシンプルな施策であるベーシック・インカムの考え方は、スイスのブログ界に論評議論を巻き起こしている。

2012/06/11

フランス:地域の言語を守れ

先日決着がついたフランス大統領選挙の前、フランスの複数の主要都市において地域固有の言語への支援表明を目的としたデモが行われていた。 Rayna St. がリポートする。