GlobalVoices in

イギリス

国アーカイブ · 16 件


最近の記事: イギリス

2013/05/30

イギリス:俳優ラッセル・ブランドがウーリッチの英兵殺害事件について語る

この記事を読む。

サッカーの試合で雪かきとチャリティー:スコットランドのサポーター セルビアで賞賛を得る

サッカースコットランド代表のサポーターが、3月26日に行われた対セルビア戦の応援をするためにNovi Sadへやって来た。彼らはソーシャルメディアサイトおよびニュースチャンネル中で、セルビア側のサポーターから賞賛されることとなった。Danica Radisic と Dijana Djurickovicがその理由をする。

2012/12/06

この記事を読む。

 ウェールズ、デジタル化するアイステズボッド(芸術祭)を祝う

多くのウェールズ国民が、オリンピック開催中であることを忘れてしまうようなイベントが先週ウェールズで行われた。アイステズボッドは、ウェールズ語がどの活動の場面でも第一言語として話されている数少ないイベントの一つだ。

2012/10/11

この記事を読む。

英国:ライオン騒動の犯人は飼い猫

英国エセックス州でライオン目撃証言があった2012年8月26日の夜から、英国警察はライオン捕獲作戦にかかりっきりであった。しかしその後、ライオンは「テディベア」という大きな飼い猫であることが判明した 。

2011/09/11

この記事を読む。

ツイッターのハッシュタグ#BlameTheMuslims(ムスリムのせいだ)が文脈から逸脱

サーナム・ガーフールは、イギリスに住む19歳のムスリム学生である。彼女は、いかなる暴力事件があっても、すぐにムスリムが糾弾されるということに対し、憤りを隠せなかった。先週起こったオスロ連続テロ事件をきっかけに、サーナムはツイッター上でハッシュタグ#blamethemuslims(ムスリムのせいだ)を使って怒りをあらわにした。#blamethemuslims は完全に文脈からずれ、苛立った多くのユーザーの元へと向かった。

2011/08/16

この記事を読む。

イギリス:#RiotCleanupーロンドン、暴動の後始末の時?

土曜夜から、ロンドンやイギリスの他の地域でも起こった広範囲における略奪・暴動事件ののち、一般市民は現在、自分たちの街の復旧への道を模索している。火曜朝にはツイッター上のハッシュタグ#prayforlondonと #riotcleanupが、#londonriotsへのツイート数を追い越した。

2011/08/15

この記事を読む。

イギリス:炎上するロンドン(ビデオ映像)

2011年8月4日、ロンドン北部トッテナム地区で29歳の男性が警官に殺されたことに対する怒りは、人種間の緊張により高まり、そしてロンドン中のみならずイギリスの他の都市でも暴動と略奪に発展していった。

この記事を読む。

イギリス:ロンドン暴動の解釈

無政府状態の暴動や略奪がまた過ぎて、火曜の朝を迎えると、ロンドン中に破壊の波が押し寄せていた。地域の人々が損傷を修復し更なる混乱に備える中、国は今回の事件の全容を解明しようとしているが、事件は政治主導者、警察、そしてそのような人々が仕えるコミュニティの間の根深い緊張状態を浮き彫りにした。

2011/01/18

この記事を読む。

COP16:若手トラッカーの結論

Adopt a Negotiator Project に関わる若手の“トラッカー”は国連気候変動会議の会期中にブログをつづってきた。メキシコのカンクンで開かれたCOP16での出来事についての彼らの最終的な意見と考えをこれから紹介する。

世界の地域

言語