See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

チュニジアから中国まで、湿地保護を求める自転車の旅

生物環境工学部を卒業後に大学の教師をしていた31歳のチュニジア人Arafet Ben Marzouは、今から7ヶ月前、仕事を辞め、子供のころからの夢を追いかけることを決心した。それはチュニジアから中国までの自転車旅行だ。

ベンはチュニジアを出発し、地中海を越えてイスタンブールに渡った。そしてトルコ、グルジア、アゼルバイジャン、イラン、アフガニスタン、ウズベキスタン、カザフスタンを自転車で走破した。彼はいま中国の新疆にいる。

ベンは自身の旅行の様子について、Tabba'aniというFacebookのページで情報を更新している(Tabba'aniはチュニジアの方言で「Follow Me」という意味)。8月30日に彼はこう書いている

中国で……なんとか生きてる。すぐに更新するよ:)))

Xinjiang, China photo via Facebook page Follow Me

中国の新疆にて。写真はFacebookページ「Follow Me」より。

Wet-bike[fr]と銘打たれたこの旅行プロジェクトは、湿地とその資源の保護に関する環境問題への取り組みの中から生まれた。ベンによる西アジアの自転車の旅はラムサール条約湿地を巡るものであり、湿地が持つ人間と環境にとっての価値を人々に知らせ、その地帯が危機にさらされていることへの関心を高めることを目的としている。ラムサール条約湿地とは、ラムサール条約のもとで国際的な重要性が認められた湿地のことである。

Photo taken in Azerbaijan. Via Ben Marzou's Facebook page Follow Me.

アゼルバイジャンで撮影された写真。Ben MarzouのFacebookページ「Follow Me」より。

ベンが旅の第一歩を踏み出した2月2日、WWF(世界自然保護基金)のチュニス事務所は、彼の旅をFacebookでこう紹介した[fr]

Pour cette initiative le message transmis est principalement un message d’une dimension humaine et environnementale.
A travers ce périple, il essayerai entre autres de porter une réflexion autour des lacs et des zones humides, et ceci par le partage des photos, vidéos, le contact des gens sur place et le partage de leurs expériences…

このプロジェクトが伝えるのは、おもに人間と自然環境についてのメッセージである。この旅を通じて、彼は写真やビデオの共有、そして現地の人とのふれあいや体験を分かち合うことにより、湖や湿地帯について考えを深めようとするだろう。

挑戦

自らの夢の達成までに、ベンはいくつかの困難にぶつかった。Facebookを通じて彼はそのことを伝えている。7月26日、彼はこう言った

encore la.. pour le malheur de la route qui reste :))) , des aventures a couper le souffle.. encore en Afghanistan et encore a velo.. merci pour vos messages touchants et sympa, hamdoullah tout va bien, traverser le Hidu kush a becane etait un fort challenge, 5 jours, 120 km et 3400 m d'altitude, sinon je suis quelques part entre kabul et Mazar-sherif

まだここにいる……この先の道に不運があって:))) まったく、息をのむような冒険だよ。まだアフガニスタンを走っているんだ。心にしみる優しいメッセージをありがとう。神に感謝。すべてはうまくいっている。ヒンドゥークシュ山脈(アフガニスタン中部からパキスタン北部に伸びる長い山脈)越えは大きな挑戦だった。5日間、120キロ、高度3400メートル。ここを越えられなかったら、まだカブールとマザリシャリフの間のどこかをさまよっていただろう。
Fortunately, Ben Marzou did not fall hostage to the Taliban. He was rather welcomed to spend the night in an Afghani viallge. Photo via Ben Marzou's Facebook page

幸運にも、ベンはタリバンの人質になることはなかった。むしろ彼はアフガニスタンの村で歓迎され、そこで一夜を過ごした。写真はBen MarzouのFacebookページより。

この1週間前、彼はもしタリバンに捕まった場合に従うべきコツについて、こうシェアしていた

Première leçon enseignée dictée et ordonné par les militaires afghans, en cas où je tombe en otage par les talibans, il ne faut en aucun cas parler en anglais, l’arabe peux être très utile, ta religion peux aussi te sauver, si tu arrives à leur faire expliquer que t’es musulman avant qu’ils te tirent dessus, t’a une chance de survivre…

アフガニスタン人の兵士から守るように言われた最初の教訓、それはもしタリバンに誘拐されたら、どんなことがあっても英語をしゃべってはいけないということだ。アラビア語はたぶんとても役に立つ。僕の宗教も助けになるだろう。彼らが僕を撃つ前に、僕がムスリムだと首尾よくわかってもらえたなら、生き残るチャンスがありそうだ。

8月5日、彼はこうリポートしている[fr]

la route du Pamir est fermee… cela complique d'avantage le trajet :/ cette incroyable route qui traverse les Himalaya a travers le tajikistan et le kyrgyzestan est temporairement fermee… des affrontement avec les talibans en cause… pour ma part je serai reellement en impasse..
des suggestions..??

パミール・ロード(中央アジアのアフガニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスにまたがるパミール高原を越える道)は閉鎖されている。これによってこの旅はさらに複雑なものになりそうだ :/ タジキスタンとキルギスを通ってヒマラヤを越えるこのすばらしい道が、一時的に通行止めになっている……タリバンとの衝突のせいだ。僕にとってこれはまさしくデッドエンド。どうしたらいい?

8月10日、この旅で経験したなかで最も困難だったことについて、彼はこう明かした[fr]

je crois que, plus que tout, le vrai challenge dans cette aventure, c'est le fait d'affronter le blocus administratif et reglementaire de ces ex-republiques sovietiques avec mon cher passeport Tunisien

思うにこの冒険における本当の挑戦は、何よりもまず、政治的な規制による封鎖にどう対処するかということ。これは旧ソ連の国々で強制的に行われるんだ。我が愛すべきチュニジアのパスポートを持っていたらね。
Ben Marzou cycling in Afghanistan. Photo via Facebook page Follow Me

アフガニスタンを自転車で走るBen Marzou。写真はFacebookページ「Follow Me」より。

イラン:シーア派イスラムとの初めての出会い

Shia shrine in Iran

イランのシーア派のモスク

Facebookのページで、ベンは7ヶ月におよぶこの旅で得た一生に一度の体験と教訓を、彼のファンたちと共有している。筆者には、彼の興味深いストーリーのすべてをここに翻訳して掲載するスペースもエネルギーもない。だからグローバルボイスの読者のみなさんには、彼のイランの旅についてのみ紹介することにする。

スンニ派のイスラム教徒が多数を占める国の出身であるベンは、イランでシーア派のイスラム教と出会った。このイスラム教の2大宗派の間には、信仰とその実践方法においていくらかの違いが存在し、それが国によっては宗派間の暴力を引き起こすことがある。イラクやレバノンがその例だ。

7月16日、彼は次のような投稿をした。

Et c'est la fin d’une aventure persane qui a duré 70 jours, 700 km de vélo et plusieurs milliers de km de route, c’est une des étapes les plus intenses dont je me rappellerai toujours, ce grand pays plein de contrastes, plein de vie et de désir, je me rappellerai toujours de cette hospitalité inégalable, de cet amour du partage, « almousafér 7abibou allah » tel croient les descendants d’Ali…

Ce fut aussi ma première rencontre avec le chiisme, que loin de toute comparaison inutile je respecte…

«T’es chiite ou sunnite » c’est une des questions qui s’est fréquemment posée
« Je suis musulman tout court » tel était ma réponse,

Et là curieusement, et presque toujours, un grand sourire se dessine sur le visage de mon interlocuteur…

70日間続いたペルシャの旅も終わりだ。700キロを自転車で走り、1000キロ以上を車で移動した。これまでで最も強烈な道のりのひとつだったよ。きっと忘れることはないだろう。このイランという大きな国はコントラストにあふれ、さまざまな暮らしがあり願いがある。僕はこの他とは比べものにならないくらいのホスピタリティについて、いつまでも忘れないと思う。このことを本当にみんなに伝えたい。「旅人は神に愛される」この思いがアリの末裔たちの心の中にあるんだ……(シーア派において、アリは預言者ムハンマドの正当な後継者だとされている)

これはシーア派イスラムとの初めての出会いだった。あらゆる不毛な比較論からは距離を置き、僕は彼らをリスペクトしている……

「あなたはシーアのムスリム?それともスンニ?」 これは頻繁に尋ねられる質問だ。
「ただのムスリムです」 僕はそう答える。

すると奇妙なことに、僕を見るその人の顔には、ほとんどの場合、満面の笑みが浮かぶんだ。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.